現在注目されているチタン印鑑は安いものもある

   

印鑑にはいくつかの種類があり用途も変わってきますが、現在注目を集めているのはチタン印鑑です。チタンは最強金属とも呼ばれており、摩耗や衝撃に耐えられる素材として印鑑に適しています。特に実印や銀行印は、亀裂が入って少しでも登録した状態と変わってしまうと使用できなくなってしまいます。耐久性のあるチタン印鑑は亀裂も入りにくく、湿気による錆も出にくいので長期間使用することができます。金属が素材になると重さが気になってしまいがちですが、チタンだと片手で捺印する時にちょうど良い重さとなり、余計な力を入れなくても鮮明な印影となります。また、見た目にこだわる方には、細かいガラスビーズを吹き付けつや消し処理を行い、高級感のある商品も販売されています。値段も安いものから幅広くあります。

材質の種類もいろいろあるのです

昔はこのようなものを作るときに、使用された材質は「つげ」という木が一般的であったので、どこの家庭にも一つはあったものです。つげは安いうえに彫刻にてきしている特徴があり、木目もきれいな高級品まであります。古くから実印用に愛用されていたもので、材質としては一般的で多く普及していました。その他には水晶やその他の石がありますが、材質は硬いのですが欠けにくいという特徴があります。現代では時代の流れで、チタンという材質が登場しているのです。チタンは、価格が安いうえに軽いという特性があるので、丈夫で長く使用するにはてきしているのです。どの印には、どれを使用しなくてはならないという決まりはないので、本人が作りたいと思った材質で作ることが可能になっています。

今ではいろいろな種類があるのです

材質が石やチタンに限らず、今ではいろいろなものが使用されているのが現状であり、見た目がかわいくて、女性だったら手に取って眺めたいようなものまでそろっています。かと思えば、中にインクが入っていてスタンプ風に押せば、本人の名字が捺印できるというものもあります。種類のタイプも、朱肉と別々になっているものが多いのですが、なかには一体になっているものなどがあるのです。それに伴って、本体が収まるようになっているケースがあり、そのなかにはすでに朱肉が入っているものがあります。使い勝手の良いように作られている、ケースと一緒に販売されているものが多いのです。昔の使用状況とは、ずいぶん変わってきているのが今の印鑑事情ですが、一家にそろえておきたいものの一つとして考えたいものです。

ピックアップ記事

宝石の素材を使用した印鑑を安い価格で

印とはその人そのものを表すと言われております。重要な書類などを提出する際や何かしらの重要な契約を行う際に実印などが用いられる理由の一つに、印そのものがとても貴重なものでありその人を表現しているものであ...

現在注目されているチタン印鑑は安いものもある

印鑑にはいくつかの種類があり用途も変わってきますが、現在注目を集めているのはチタン印鑑です。チタンは最強金属とも呼ばれており、摩耗や衝撃に耐えられる素材として印鑑に適しています。特に実印や銀行印は、亀...